社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

月別アーカイブ:2008年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間が無い

時間が無い



勉強したいのに時間が無いとき、

というのは必ずありますね。


そういうときは、どうも落ち着かなかったりうずうずとしてしまうものです。


働きながら勉強している人にとっては、

これは避けて通れないものです。


そういう人には、

「京大式カード」「情報カード」と呼ばれる、

携帯用のカードで細切れ時間を活用することをオススメします。


私はこれをまとまった時間のあるときに作成しておいて、

携帯して使用していました。



しかし、そうはいっても、カードにいちいち書き写すのも、

手間がかかって効率的ではありません。



そこで、ちょっと荒っぽいですが、効率的な方法をお教えします。


ただしこの方法、

「ほとんど使わない参考書・問題集を買ってしまっている人」

だけが使える方法です。



こう書くと、何をするかわかったかもしれませんが、


どうせ使わない参考書や問題集なら、

切って持ち歩けば良いのです。


一冊丸々持ち歩くのは、

重くてなかなか大変ですが、


自分が勉強したい部分だけを切って持ち歩いたり、

科目ごとに切ってしまっても良いでしょう。


私は実はやってました。

つい買ってしまった問題集があったので・・・・

もちろん、重くても気にならない人は、

参考書を一冊丸ごと持っていっても良いのですが、

細切れ時間と言うのは、

参考書一冊丸ごと持っているよりも、

絞って持っているほうが、

勉強はやはりはかどります。



参考書・問題集は消耗品だと割り切って、

使いつぶしてくださいね。


ただ、メインで使っている参考書は、

切らないほうがやはり良いです。


これはあくまで、

ほとんど使わないような参考書・問題集だと考えてくださいね。



参考書や問題集は、使ってこそ、生きてくるものだと思います。

そして、今年の参考書・問題集は、賞味期限は今年の試験までです。

今年の試験が終わってしまえば、もう使えません。

(法改正以外は使えないこともないですが)

賞味期限内にしっかりと活用してくださいね。

スポンサーサイト
テーマ : 資格取得

人生で一番集中する時期

人生で一番集中する時期

ゴールデンウィーク、いかがでしたか?

普段できないことをしっかり勉強できたという方、
思ったようにできなかったという方、
そもそもゴールデンウィーク関係なく働いていた方、

人それぞれだと思います。


しっかり勉強できたという方は、
これからも勢いに乗ってどんどん行ってください。


ゴールデンウィーク関係なかったという方、
働いている以上、どうしても制約というのはありますから、
自由にならないことというのはあっても、それは仕方ありません。
できる範囲の中で頑張りましょう。



・・・さて、問題なのは、

自由になる時間があったはずなのに勉強できなかった、

という方です。


いなければ、それは素晴らしいことですが、

もしあなたが、

勉強できたはずなのに勉強できなかった、

というなら・・・・












おめでとうございます!



もしあなたが、

勉強できたはずなのに勉強できなかった、

というなら、

あなたは、これから試験までの間、

これまで経験したことの無いぐらいの集中力を持って

勉強をすることができます。


社労士試験まで、あと3ヶ月ちょっと。

集中力を持続させるには、ベストな期間です。



私も、勉強が一番乗った時期だったと感じています。

というか、勉強せざるを得なかったのですが・・・


集中する、ということはとても大事なことで、

これは、人間、本当に切羽詰らないとなかなかできるものではありません。



私が社労士受験時代の試験前3ヶ月といえば、

私の人生の中でも一番集中して勉強した時期です。

(一番、ということは大学受験より集中していたことになりますね・・・)





なぜ私がこんなことを書くかというと、

子どものころ、

ゴールデンウィークもですが、

夏休みや冬休みなど、

長期の休みのときに、

「宿題」が学校で出されますよね。



よくできる人などは、

計画的に宿題を終わらせたり、

さっさと初めのころに終わらせたりします。



しかし、さぼっていて、

休みの終わりのほうに泣きながら宿題をやる人もいます・・・




はい、それは私のことです。


私がそんな経験をしているだけに、

「なぜか」勉強ができなかった人、

というのを、

私は責めることはできません。



しかし、泣きながらやる宿題は、

驚異的な集中力によって次々と終わっていきます。


・・・あきらめない限りは。



驚異的な集中力によって宿題を終わらせることができる反面、


「これは絶対間に合わない」

というあきらめの気持ちになってしまうと、


これは本当に、絶対にできなくなってしまいます。



しかもここでの勉強は、宿題とは違いますから、

自分の実力が伸びさえすればよく、

言い換えれば、終わりがないものです。



ですから、あきらめる必要などどこにもありません。

やったらやっただけ、実力は伸びます。

もちろん実感として伸びないときはありますが、

それでも確実に伸びています。





あなたの人生でのターニングポイントになる3ヶ月、

楽しんでみてください。

テーマ : 資格取得
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。