社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝てしまったときは

  もくじ

1.はじめに
2.このメルマガについて
3.時間がないとき、やる気がおきないとき
4.寝てしまったとき
5.編集後記


「ザ・シークレット」関連の本が本屋さんにいっぱい出ています・・・続きは編集後記で

■1.はじめに

こんばんは。社会保険労務士の氷上伸也です。
兵庫県神戸市で社会保険労務士を開業しています。

今回から読者になっていただいた方、はじめまして。




このメルマガでは、
社会保険労務士試験に楽しく合格するための秘訣を
配信していきます。


週一回、毎週土曜日に配信しています。



できるだけみなさんが楽しめるような内容にしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

氷上伸也のプロフィールについて、詳しくは、

mixiのプロフィールをどうぞ。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=9683609

マイミクさん募集中です。



勉強仲間がいない方は、
mixiで社労士コミュのどれかに入れば
すぐ見つかりますよ。

社労士のコミュは、いくつかあり、
どれが良いかは私もよくわかりませんが、
↓ここなんか良いと思いますよ。
(一応、私も入ってます。あまり見てませんが・・・)

社労士
http://mixi.jp/view_community.pl?id=53930




あ、あと、mixi自体は良いのですが、
mixi中毒(mixiをずっとやっている状態)
には気をつけてくださいね。


一番大事なのは、
「勉強する」という“作業”です。




■2.このメルマガについて

このメルマガでは、
『社会保険労務士試験(社労士試験)に楽しく合格』
していただくことを一番の目的としています。


ポイントは

“楽しく”

です。


社会保険労務士試験は1年に1回しかありません。

嫌々勉強しても、悪くはありませんが、
1年間、できることなら楽しく過ごしたいですよね。



■3.時間がないとき、やる気がおきないとき

勉強をしていると、

時間がなかったり、やる気がおきないとき、

というのはよく起こりますね。

これは、誰にもおこることだと思います。



私もよくありました。


私がよくやっていた方法、をお話します。



まず、そういうときは普通に勉強するのは無理です。

(時間的な余裕がないときは特にそうですね)


そこで何をするかというと、


基本書の勉強するはずだったところを、パラパラ見ます。

また、目次も見ます。

(このとき、既に1度でも勉強したところ、
勉強している最中のところだと効果的です。)




はい、これだけです。


「これだけ?」

といわれるかもしれませんが、

これだけです。

もしそこで、もうちょっと見てみよう

という気が起こったなら、

もちろん、じっくりと読んでみてくださいね。

時間的な余裕がないときにはそれは無理かもしれませんが、


時間的な余裕がないときに集中的に見るのは、

よく頭に入ります。


時間的な余裕がないものですから、

わかるわからないは考える間もなく、

一気に読んでしまいます。

「読む」というより「ながめる」

ということですね。



入った気にはならないと思いますし、

実際、覚えてないかもしれませんが、

「これで頭に入ってるんだ」

と思いながら読んでみてください。

「読む」というより、「ながめる」

ところがポイントです。



この場合には、全部覚える必要はないのです。


あくまで、記憶をつなぐ役目ということです。


一字一句読むのではなく、

「ながめる」のです。





■4.寝てしまったとき

勉強するはずが寝てしまったとき、

というのはありますね。


(メルマガ書くはずなのに寝てしまった人がここにいます。爆)


そういうときは、起きた時に

「しまった~!」

って思いますね。


でも、寝て良いんです。




私も何度もありました・・・


そういうときは、肉体が休息を必要としているのです。

肉体が健康でないと、

精神的にも健康ではいられません。


そしてなにより、「脳」を休ませないと、

勉強そのものができませんね。


なので、寝てしまったときも気にせず、

眠たくて仕方ないときは、


「時間がないとき、やる気がおきないとき」の対処法で、

パラパラながめるだけやってくださいね。


その後で寝れば睡眠学習になります。

そしてできれば、

起きた後にも、またパラパラと見てください。

これで睡眠学習の完了です。





■5.編集後記

最近、本屋さんに行くと、

「ザ・シークレット」をはじめ、

いろいろな「引き寄せの法則」

の関連本があります。



「引き寄せの法則コーナー」ができているところまであります。


そこで、いろいろ欲しくなってしまうかもしれませんが、

1冊あるなら、他のものは特に必要ありません。


極めたいという方なら良いですが、

とりあえずは1冊をきちんと読み込んでからでも、

遅くはないと思いますよ。



これは、社労士関連の参考書等でも同じことがいえます。

社労士関連の本は、本当にたくさんあります。

基本書・過去問・選択式問題集といったものから、

初学者向けの本、社労士業についての本、

社労士向けの雑誌・・・



とてもじゃないですが、

いくつもできません。


さきほどの、「引き寄せの法則」関連本なら、

まだ、時間をかけて読むこともできますが、

社労士受験用の本というのは、

2008年版の本なら、2008年の試験までに終えなければなりません。

次の年には2009年版になってしまいます。

買うお金がもったいない、ということもありますし、

買っただけで読まなかった本というのは、

試験前には、やり残してしまったという「不安材料」になってしまうので、

新しいものを買うよりも、

今、目の前にある参考書・教材をしっかりすることに専念してくださいね。








本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

氷上伸也


マジンガーZ

クリックしていただけると
氷上とマジンガーZが
小躍りして喜びます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 資格~国家試験へ
テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。