社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健保・国年・厚年で稼ぐ

健保・国年・厚年で稼ぐ


以前に何度かお話していますが、

択一式試験の目標得点を48点に設定しています。

このあたりの話は、詳しくは、

合格するための戦略


のときに書いています。


私が設定した内訳は、

・労働基準法・・・4点(7点満点)
・労働安全衛生法・1点(3点満点)
・労災・・・・・・4点(7点満点)
・雇用保険法・・・4点(7点満点)
・徴収法・・・・・5点(6点満点)
・健康保険法・・・9点(10点満点)
・厚生年金保険法・8点(10点満点)
・国民年金法・・・9点(10点満点)
・一般常識・・・・4点(10点満点)



となっています。



点数を稼ぐためには、

社会保険科目、

「健保」「国年」「厚年」

の三科目が重要になります。

上の目標点48点を取るためには、
この三科目で26点を取る、ということになります。


一見、難しそうに見えます。


健保で挫折する方はおられないと思いますが、

問題は年金ですね。

年金を苦手としてしまう人が多いと思います。

私も苦手でした。


しかし、年金は苦手でも、点数は取れます。

では、少し解説していきます。





苦手なところをはっきりさせる

「年金が苦手」

という方、

では、あなたは年金のどの部分が苦手なのでしょうか?


多くの人は、

「厚年」の「保険給付」を苦手としています。

もっと詳しく言うと、

「厚年」の「保険給付」の、
「老齢」「障害」「遺族」のうちの
「老齢」を苦手としている人が多いのです。





でも、

よく考えてください。

「厚年」の「保険給付」の「老齢」

というのは、

択一式試験の70点のうちの何点分にあたりますか?



1点か、もしくは2点ぐらいでしょうか。

もちろん、単独の問題以外にもある場合もありますから、
もっと点数はあるかもしれません。


でも、それなら、

あなたの目標点数を、その分下げれば良いだけです。


私は、

・厚生年金保険法・8点

と設定していますが、

厚年が苦手だというなら、

7点、もしくは6点にしてもかまいません。

6点でも、46点です。

目標点数は下げるのも良いですし、
他の得意な科目があればそこを上げても良いでしょう。



「厚年」だけでなく、他の科目でもいえることなのですが、

苦手な科目がある人は、

その科目のどの部分が苦手なのかをはっきりさせてください。

そして、その部分がどうしても苦手であれば、

それ以外の部分を完ぺきにしてください。



私も受験時代に経験したのですが、

厚年の保険給付の「老齢」がすごく苦手でした。


あまりにもわからなかったので、

苦手な老齢の部分は、とりあえず置いておいて、
他を完ぺきにしよう!

と考え、

「障害」「遺族」を勉強しました。


そうすると、「障害」「遺族」は、

「老齢」ほどには難しくなかったので、
解けるようになったのです。


そして、「障害」「遺族」がわかるようになると、

「老齢」も解けるようになっていきました。

もちろん、「老齢」については完ぺきとはいきませんでしたが、

「解けなくても他を解けば良いや」

という気持ちになると、

試験を受けること自体が楽になったのです。


ただし、「置いておく」というのは、
「捨てる」のとは違いますので、
その点は注意してくださいね。

捨ててしまうと、
「選択式」でその部分を出題されたら大変なことになります。
(もちろん、重箱のスミのような部分については捨ててもかまいませんが)

試験直前になって捨てることは必要かもしれませんが、
今は、捨てるのではなく、
「置いておく」ことを考えてみてください。

そして、だから勉強しないということではなく、
苦手な部分をはっきりさせ、
それ以外の部分をしっかりと勉強するということです。

「まわりから攻める」

とも言えますね。


本を読んでいてわからない言葉が出てきたときも、
その言葉のところで本を読むことを辞めてしまう人はいないと思います。

前後の文脈からその言葉の意味を類推しますね。

それと似ていますね。
テーマ : 資格取得

コメント

年金がわからない。

氷上先生こんにちは

 本当に年金がわかりません。今朝も障害厚生年金で立ち止まってしまいいました。

 遠回りですけど 南京アドバイザー3級の受験を考えています。
 
 そのくらい深刻な状況です。
 

年金は

わからなくなったときは、
どの部分がわからないのかを、調べてみてください。

また、厚生年金でつまってしまったときは、
国民年金をもう一度見てくださいね。

年金アドバイザー3級を受けるのは、
知識の定着にもつながるので良いと思いますよ。

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。