社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたが社労士を目指した理由

■あなたが社労士を目指した理由

あなたが社会保険労務士を目指したのは、なぜでしょうか?


私自身のことを言いますと、

大学を卒業してから働いていたラーメン屋が、

どうも自分に合っていない、

また、

自分にとって一生を過ごす場所ではない、

と痛感したからです。


もちろん、中に良い出合いや、

ためになる経験というのもさせていただきましたが・・・



当時、私は1日8~9時間働いていました。

通勤時間や、残ってからいろいろとする時間をいれると、

1日に10時間以上、仕事にかかわっているわけです。


「何を仕事にするか」

というのは、本当に大事だと感じます。

1日24時間のうち、約半分を仕事に費やしているわけです。

半分の12時間のうち、睡眠時間を7時間とったとしたら、

残りは5時間です。

ご飯を食べたりお風呂に入ったりトイレに入ったり、

テレビを見たりお酒を飲んだり本を読んだりしていたら・・・

残りは何時間でしょうか?


なんにせよ、

仕事というのは、

その人の人生の大半を過ごす時間なわけです。


「夢をかなえるゾウ」という本の中に、次のような場面があります。

「だったら、ホンマ自分がワクワクできて自分の持ってる力発揮できる仕事、
探さんといかんねん。そんなもん、死ぬ気で探さんといかんねん。
自分が『これや!』って思える仕事見つけたら、あとはそれやるだけやん。
ひたすら楽しみながら頑張るだけやん。」

もちろん、今、やっている仕事を辞める、

ということではありません。


ただ、私自身も辞めるときに思ったのですが、


そのときの仕事の良さ、というのも見えます。

当然ですが、どんな仕事にも、良い面というのはあります。



ですから、今の仕事をどうやったら自分にあった仕事になるだろう、

ということを考えることも、良いことだと思うのです。



以前にオススメしていた本、

「ザ・シークレット」


の中に、

創造のプロセスとして次のように書いてあります。

第一段階 お願いする
第二段階 信じる
第三段階 受け取る


この第一段階の「お願いする」がとても重要です。


自分の素直な気持ち、

自分が何をしたいのか、

自分がどうなりたいのか

ということを、

きっちりと思い描くのです。


ここが一番重要です。

逆に、ここがブレていると、

後の第二段階第三段階で、

いくら信じようと、いくら受け取る準備ができていても、

そもそもの第一段階の

土台ができていないと、無理でしょう。



あなたが社会保険労務士を目指した理由はなんですか?


もうすぐ、新しい年になります。

新年といっても、同じ一日に違いはありませんが、

やっぱり違います。


新年には、誓いを立てるというのも良いことだと思います。








私が社労士試験に受験二年目の頃の年末は、

実はまだ本格的に取り組んでいませんでした。

11月に不合格発表があり、落ち込んでいたので、

まだその後遺症で勉強する気をなくしていた頃でした。


本格的に勉強を始めたのは、

1月末からでした。


ですから、

今現在勉強が遅れている、

と思われている方も、まだまだこれからですよ。



もちろん、初年度の人と再受験の人では違いますし、

勉強時間がたっぷり取れる人と働きながら勉強している人では

環境も全然違います。


でも、それはそれです。

あなたにできる範囲で勉強すれば良いことです。





自慢じゃないですが、

私は行政書士試験を受けようと思ったことがありましたが挫折しました。

宅建を受けようと思ったこともありましたが挫折しました。

簿記検定3級を2回落ちて挫折しました。

年金アドバイザー3級は合格しましたが、
年金アドバイザー2級は2回受けて2回とも落ちています。

英語を勉強しようと思ったことも何度もありましたが、
持っている英語の資格といえば中学のときに取った4級のみです。


もうほんと、ダメダメですね。

社労士合格してなかったら、どうなってたんでしょう・・・(汗)

でも、2年目に合格してなかっても、
やっぱりまた3年目受験してたと思うんですね。



あなたが社労士を目指す理由、きっかけを、

今一度はっきりとさせてみてください。


もちろんその結果、やめるのも自由です。



来年、社労士試験合格を目指すなら、

あなたの、自分の時間を犠牲にすることは間違いありません。


飲みにも行けないかもしれません。

テレビも見れないかもしれません。

家族サービスもできないかもしれません。


でも、

それでも合格を目指して勉強するのなら、

その結果、合格しても不合格になっても、

楽しい世界が待っているかもしれませんよ。



最後までお読みいただきありがとうございました。
テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。