社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外とみんな同じでした

意外とみんな同じでした

先日、社労士の友人と、
社労士受験時のことを話していたのですが、
同じ先生に教えてもらったことがあった、
という話になりました。


結構有名な先生で、人気もあるのですが、
私も、イマイチ講義内容がよくわからなかった、
という印象でした。

私だけかと思っていたのですが、
その友人も、よくわからなかった、というのです。


人気のある先生ですから、
多くの方が、その先生の講義をわかりやすいと
感じているのだろうとは思いますが、
人間、やはり人それぞれですね。

人それぞれ合うもの合わないものがありますから、
「思い込み」のフィルターはできるだけ外して、
自分にとって必要かどうかで選ぶようにしましょう。


これから、試験が近づいてくると、
『直前講座』といったものが多く出てきます。


有名な先生がやっているから、と、
ふらふらっと直前講座を選ぶのはやめておきましょう。
気持ちはよくわかりますが・・・

『自分に必要か?』をよく考えて、
必要だと思えば受講すれば良いでしょう。

「なんとなく不安だから」という場合には、
「不安を解消するために」受講する、
というスタンスであれば良いと思います。


私自身のことでいうと、
受験一年目には、直前講座をいっぱい受けてました(爆)

で、受講してわかりましたが、
後で考えれば受けなくて良いものもいっぱいあったのですね。

必要ないものを受けるぐらいなら、
これまでの復習をしたほうがずっと良いです。

ちなみに私が合格の年に受けた直前講座は、
「法改正」
「白書対策」
「一般常識」
「基本事項確認」

でした。

「法改正」
「白書対策」

については、
どこかの講座等を受けることをオススメします。

一般常識については、
それぞれの講座等でやっているなら、
受けなくても良いでしょう。

「基本事項確認」
というのを私が受けたのは、
私はまさに、

「なんとなく不安だから」、
「不安を解消するために」受講したものです。

基本事項は落としたくなかったので、
その不安を解消するために受講したわけです。

安心をお金で買った、とも言えるでしょう。


割り切って受講する分には、
問題はありませんが、
あれもこれも、というのは
時間とお金の無駄ですから、

自分に必要なものをよく選んでくださいね。


■2.編集後記

パートタイム労働法が4月1日から改正になりますが、

神戸の地元紙にも記事が載っていました。
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0000871162.shtml

それでは、問題です。

記事にも載っている、

『既に雇っているパートにも、あらためて労働条件を文書で示す必要があるか』

という問題、

果たして文書で示す必要はあるでしょうか、ないでしょうか?

答えは私のブログで・・・
http://pleasantway.ko-co.jp/e21884.html


私が受験した頃には、

パートタイム労働法は全部『努力義務』でした。

だからパートタイム労働法が問題に出てきたら、
全て努力義務と覚えておくだけで良かったのですね。

あれから年月も経ったのだな・・・

と変なところで感慨深いものがあります。



テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。