社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本を押さえるということ

■基本を押さえるということ

以前に、

私自身が雇用保険が苦手だったということを書きました。


同じような用語が出てくるので、

理解しにくかったのですね。


そこで、私は基本をしっかりとやることで克服できました。


なので、基本をしっかりとやってください



雇用保険では、用語がかなり出てきます。


次の図をみてください。
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h2.html

厚生労働省のホームページで、
雇用保険制度の概要が載っています。

この図がとても大事です。

私はこの図をソラで書けるように練習しました。

後でこのことがとても役立ったのを覚えています。


今、自分がこの図でいうとどこをべんきょうしているのか、

がわかるので、理解がしやすいのですね。


ちなみにこの厚生労働省のホームページの、
赤いところをクリックすると説明ページにとびます。

このページ、なかなかわかりやすく作ってあるので、
雇用保険が苦手な人もそうでない人も、
一度見てみてくださいね。

http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h2.html


厚生労働省のホームページ、
私が受験した頃よりもわかりやすくなってます・・・








明日、日曜日は京都でお花見をします。

お花見というと、浮かれた感じもしますが、

ときには浮かれることも人間、大事なように思いますね。


桜に対する日本人の思い入れというのは、

すさまじいものがあるようです。



「桜」に日本人の魂を見る、といっても過言ではないかもしれません。


桜が一番きれいに咲くのは、1年を通して見ると本当に一瞬のことです。

一年のほとんどは咲いておらず、見た目も地味です。


でも、桜の木が普段咲いていなくても、

春になれば咲くことをみんな知っているのです。



そして咲いたときのその一瞬の美しさというのは、

それまでのすべてが凝縮されているのですね。




社労士試験の勉強をされているみなさんも、

今、花は咲いていないかもしれませんが、

絶対に咲くのだということを知ってください。


何をやれば咲くのか、ということです。



桜の木も、咲いていない時期は、

見た目はとても地味ですが、

着々と「咲く準備」をしています。



桜は春ですが、

みなさんは夏に咲きますよう、

着々と準備を進めてくださいね。
テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。