社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間が無い

時間が無い



勉強したいのに時間が無いとき、

というのは必ずありますね。


そういうときは、どうも落ち着かなかったりうずうずとしてしまうものです。


働きながら勉強している人にとっては、

これは避けて通れないものです。


そういう人には、

「京大式カード」「情報カード」と呼ばれる、

携帯用のカードで細切れ時間を活用することをオススメします。


私はこれをまとまった時間のあるときに作成しておいて、

携帯して使用していました。



しかし、そうはいっても、カードにいちいち書き写すのも、

手間がかかって効率的ではありません。



そこで、ちょっと荒っぽいですが、効率的な方法をお教えします。


ただしこの方法、

「ほとんど使わない参考書・問題集を買ってしまっている人」

だけが使える方法です。



こう書くと、何をするかわかったかもしれませんが、


どうせ使わない参考書や問題集なら、

切って持ち歩けば良いのです。


一冊丸々持ち歩くのは、

重くてなかなか大変ですが、


自分が勉強したい部分だけを切って持ち歩いたり、

科目ごとに切ってしまっても良いでしょう。


私は実はやってました。

つい買ってしまった問題集があったので・・・・

もちろん、重くても気にならない人は、

参考書を一冊丸ごと持っていっても良いのですが、

細切れ時間と言うのは、

参考書一冊丸ごと持っているよりも、

絞って持っているほうが、

勉強はやはりはかどります。



参考書・問題集は消耗品だと割り切って、

使いつぶしてくださいね。


ただ、メインで使っている参考書は、

切らないほうがやはり良いです。


これはあくまで、

ほとんど使わないような参考書・問題集だと考えてくださいね。



参考書や問題集は、使ってこそ、生きてくるものだと思います。

そして、今年の参考書・問題集は、賞味期限は今年の試験までです。

今年の試験が終わってしまえば、もう使えません。

(法改正以外は使えないこともないですが)

賞味期限内にしっかりと活用してくださいね。

テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。