社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模擬試験をしゃぶりつくす~その2~

模擬試験をしゃぶりつくす~その2~


模擬試験のメリットについてお話しましたが、

今回は、模擬試験で点数を確実にアップさせましょう。


資格試験においては

効率よく勉強すること、つまり

「選択と集中」、


が必要になりますが、

模擬試験はまさにこの

「選択と集中」のカタマリです。



なにせ資格学校が威信を懸けて作成した問題です。

これを利用しない手はありません。



では、その具体的な方法を書きます。


(1)復習はすぐにする

復習は必ずしてください。

復習しなければ、ただの実力試しだけに終わってしまいます。


模擬試験は実力を試すのではなく、
実力を上げるツールです。


「忘却曲線」を知っている方も多いでしょう。

覚えてから1日以内に復習すると、忘れにくいということです。

ウィキペディアによると、

以下のようなものです。

20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後、には79%を忘却し、21%を覚えていた。

ウィキペディア「忘却曲線」
http://sak39.com/s/nfja



なので、1日後、次の日に復習すると一番記憶の効率が良いですね。

できれば、模擬試験を受けたその日に復習して、
次の日にまた復習するとなお良いです。


(2)テキストに帰る

わからない箇所、わかったけど不安な箇所など、

テキストに帰って読みます。

これはどこそこに書いてある、

と確認することは実は意外と大事なことです。


また、該当箇所の前後や、
そこから自分で気になるところを再度チェックしてみるとなお良いです。


(3)自分で問題を作る

模擬試験の問題を少し変更して、自分で問題を作ってみてください。



学生時代など、頭の良い子は

試験のときに「予想問題」を作ったりしますね。


あなただけの試験予想問題を作ってみてください。


「数字」を変える、「言葉」を変える、というだけで、

あなただけのオリジナル問題が作成できます。


そうやってオリジナル問題を作っていると、

試験出題者の気持ちがわかるようになりますよ。


テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。