社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使っていない参考書

使っていない参考書



買ったけど使っていない参考書を持っている、

という方はいませんか?


ちなみに私は社労士受験時代、持ってました・・・


今年の参考書は、今年使うのがベストですが、

とはいえ、メインで使っている参考書があるのに

他の参考書をまた使うというわけにもいきません。



そこで、使っていない参考書を有効活用します。


これは私自身が実践していた方法で、

単純ですが効果あります。



まず、この使っていない参考書については、

全部を使うことは到底無理です。


なので、あなたが弱点としている科目のみにスポットを当て、


持ち歩く用にその科目部分を切り取ってしまいます。



「弱点科目の補強だけ」を目的に持ち歩くのですね。


メインの参考書を切り取るのは難しいですが、

使っていない参考書であれば、

使わずに終わってしまうよりも活用したほうが、

参考書のためでもあるでしょう。




あまり深く考えず、弱点科目部分だけを切り取り、

持ち歩いて、コマ切れ時間に読む、というだけで構いません。


私の場合でいうと、「雇用保険」が苦手でしたので、

切り取って持ち歩いていました。


分厚い参考書でも、ひとつの科目だけであれば、

切り取れば楽に持ち歩けますので、

精神的にも落ち着きます。


繰り返すことで視覚的に覚えてしまうこともありますし、

苦手科目の、本当の弱点がどこなのか、

ということが自分でよくわかってきます。



参考書を切り取る、というのは、

問題集でももちろん良いですよ。

問題集の場合は、答えも一緒に持ち歩いて、

わからなかったらすぐに答えを見るぐらいでも良いと思います。


テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。