社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が1年目に失敗したこと

私が1年目のこの時期に失敗したこと

私が社労士受験1年目にした失敗談をお話したいと思います。


みなさん、一般常識は苦手なのではないでしょうか。

私も苦手でした。


範囲が広すぎる上に、どこが出るのかわからない、

というのが苦手の理由なのですが、


私が1年目にした失敗というのは、

一般常識対策、というのを誤ってしまったということです。


市販の問題集で、「一般常識」のものを買ってやったのですが、

大枠でつかめても、結局は役に立ちませんでした。


一般常識を勉強するのなら、

受験予備校の講座や答練、模擬試験の該当箇所を復習するのが一番効率が良いです。

もちろん、一般常識の短期集中講座のようなものも、

各受験校で行っていますので、それを利用するのも良いでしょう。

「時間をお金で買う」とも言えるでしょう。



私の1年目の場合、講座を受けているのにもかかわらず、

もっと知識を入れなければ、と焦ってしまったのですね。


でも、もともと一般常識については、基準点ギリギリを目指せば良いのだ、

ということがわかった2年目は、

それほど焦ることはありませんでした。
(もちろん不安がまったく消えるということはありませんでしたが)


選択式で3点、択一式では4点を目指すということですね。


以前にもお話しましたが、

点数を稼ぐ科目で全体の点数を稼ぎ、

基準点を満たすことを考える科目では、稼ぐことは考えず、

基準点を満たすことを全力で考える

というのが、合格するためのベストな方法です。


点数を稼ぐ科目とは、

徴収、健保、国年、厚年

などで、


基準点を満たすことを考える科目は、

安衛、一般

です。
(安衛は労基とのセットですので、少し考え方は違いますが)


合格するための目標得点の建て方については、

過去のメルマガ、「試験攻略」をご覧下さい。


試験攻略
http://goukakusr.blog117.fc2.com/blog-entry-5.html



テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。