社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本書をもう一度読み直す時間を

基本書をもう一度読み直す時間を

試験もかなり近づいてきましたね。

試験前に、ぜひやっておいてほしいことがあります。

それは、

「基本書をもう一度通して読み直す」

ということです。


これは、通して読み直すことで、

頭の中を今一度整理する、ということです。



基本書というのは、重要なことだらけですから、

基本書に書かれていることはできる限り押さえる、

ということが必要になってきます。


しかし通して読むとなると、急いで読んでもかなりの時間がかかります。

私も、丸一日はかかりました。

もちろん、どの程度読み込むかによってかかる時間は変わってきます。

細かく読めば良いというものでも当然ありませんし、

あまりゆっくり読んでも、頭の中を整理するのには適しません。


文字を全部読まなくて良いので、

全体を把握するつもりで、

ある程度飛ばしながら読んでみてください。



読み終えたら、もうひとつやってもらいたいことがあります。


「索引」を読むということです。


索引がない基本書の場合はできませんが、

索引がある基本書であるなら、

これを活用しない手はありません。


索引の用語を読み、

どういう意味だったかを思い出す、

ということです。


気になった用語については、

該当箇所を読みなおして下さい。


これは実は「引っかけ」の問題にも力を発揮します。

自分の中であいまいだったことを、

はっきりさせられます。
テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。