社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1点上乗せする方法

1点上乗せする方法


本試験ももう約1か月と近づいてきて、

みなさんいかがお過ごしでしょうか?


試験前1か月といえば、

追い込み、ラストスパートの時期です。


そして、実力が一番上がるのもこの時期ですので、

まだ勉強が足りない!

と感じている方も、

まだまだこれから追い上げてくださいね。


特に初受験の人はここからの追い込みで一気に点数が上がる方が多いようです。


私が受験の時、教わっていた先生には、

「勉強しすぎて死んだ人はいませんから勉強してください」

と言われたことが印象的でした。


もちろん、体調を崩しては大変ですが、

一番伸びるこの時期、しっかりと勉強してくださいね。



さて、「あと1点」を伸ばす確実な方法です。


もうこの時期、あまりきれいごとも言っていられませんので、

確実に点数を伸ばすことを考える必要があります。


そのためには・・・

1、自分の実力を知る
2、自分の弱点を知る
3、点数を取れるところから確実に取る


といったことが大切になります。

「当たり前のこと」

でもありますが、

「効率」を考えると、

短時間で確実に点数を重ねていくことが必要です。


具体的には、

1、自分の実力を知る

これについては、

これまでに模試をやってきているはずですので、

自分がだいたい何点取れるのか、

大まかにはわかっているはずです。

(模試によってレベルも若干違いますので、
大まかに、でもちろんかまいません)


そして、

2、自分の弱点を知る

全体として何点取れるからあと何点取る、

もしくは確実に合格するためにどこで点を取るか、

といったことを把握します。


これまでにも何度も言っていますが、

・一般常識
・安衛

この2科目については、

苦手でもかまいません。

基準点だけ満たすようにすればOKです。



徴収法が苦手だ、

という方はいませんか?


徴収法が苦手だという方、

あなたはラッキーです!


徴収法は、かなり追い込みが効きます。


言い換えれば、「底が比較的浅い」科目といえます。


特に初年度受験生に、徴収法が苦手だという方が多いように思うのですが、

徴収法は3点+3点で6点ありますが、

このうちの5点は取るつもりでいてください。



もし今、徴収法が苦手なら、

基本書の徴収法のところだけ切り取ってでも、

得意科目にしてください。

今からでも十分間に合います。


というのも、

徴収法については、

『覚えれば終い』

ということが多いのです。


徴収法では、確実に点数を取りに行ってください。



もうひとつ、

確実に点数を取る方法です。

それは、

「タイ焼きは頭としっぽがおいしい」

ということです。



どういうことかというと、


それぞれの科目で勉強する、

最初の部分と最後の部分は、

点数が取りやすいということです。



基本書などに載っている、

真ん中あたりの内容というのは、

とても内容が濃く、

だからこそ難しいものです。


ところが、最初と最後に書いてあることというのは、


届出や罰則といった、

知っていれば解ける、

といったことが多くあります。



こういったところで取りこぼしのないように、

しっかりと点数を重ねていく必要があります。




また、時間をお金で買う、という方法ももちろんありますね。

つまり資格学校の直前講座に出る、ということです。

一日だけ、もしくは数日で、

基本的な問題を総復習できる講座があります。


ただ消化不良になってしまわないようにすることは絶対条件です。

受けっぱなしになるようでは、受けない方が良いでしょうね。


人それぞれ状況は違いますから、

自分にできることを、自分にできるだけの範囲でベストを尽くして下さい。


テーマ : 資格取得

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。