社会保険労務士試験を受ける方、楽しく勉強して楽しく合格しましょう。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全体像をつかむことが大事

1.全体像をつかむことが大事

先日、星野朋也さんの本を紹介しました。




図解 社会保険労務士試験 超入門 (DO BOOKS)星野朋也 著
価格:¥ 1,575(定価:¥ 1,575)



星野朋也さんについては↓こちら

まぐまぐ:「図で考えて思わず納得!」社労士記憶術
http://www.mag2.com/m/0000132239.html



「図で考えて思わず納得!」社労士記憶術
http://www.eonet.ne.jp/~zukai/





この本、やはり読みやすくて良いですね。

基本書を横に置いて、

図解 社会保険労務士試験 超入門

基本書

図解 社会保険労務士試験 超入門

と交互に見ると、全体像がつかめて良いように思います。


このとき、基本書は読み込まずに、
あくまで全体像をつかむことが重要です。


私は全体像をつかむことを徹底してやり、
苦手だった雇用保険が、
本試験では択一式で満点の10点(徴収法含む)を取ることができました。
(ちなみに10点満点は雇用保険だけでした)


苦手を克服するために意識してやったことが、
雇用保険の全体像を徹底して頭に入れました。

↓この図です。

ハローワークインターネットサービス
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h2.html



この図、私は受験時には全て覚えていました。
(今は全部は覚えてませんが・・・)


全体像を覚えながら、
各項目を勉強していきます。


コツとしては、
あんまりすぐ覚えようとせず、
時間をかけて最終的に覚える、ぐらいに考えていると良いと思います。

なんでもそうなのですが、
物事の全体像をつかんでいると、物事がうまくいきます。


よく、悩み事をしているときに自然を見ると、
悩みが小さいことのように思える、
ということがあります。


これは本当のことで、
「悩み」というのは、目の前のことしか見えてない状態です。

クロスワードパズルで、
縦がわからなかったら、
横を考えれば良いことです。

別の場所から攻めていっても良いですね。


先ほどの雇用保険の例でも、
自分が覚えやすいところから攻めていけば良いのです。


覚えられない項目があっても、気にしない。
全体像をつかみ、項目を、各個撃破することです。


全体像がつかめていれば、できていないところが
自然とわかるので、あらためて攻略していけば良いことです。


仮にどうしても攻略できない項目があったとしても、
あなたができないということは、
他の人もできないということです。


逆に、「覚えられなくても良いや」と思い出すと覚えられるものです。



なんにせよ、全体像が見えていると、
「心の余裕」ができるので良いのです。

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。